A-zusaのブログ

ほんとの自分

おでんと日本酒

寒くなってきたので、おでんを炊いてみた。

おでんと言えば、たまご。

私は大根よりもジャガイモよりも、

たまご派なのだ。

おでんのたまごといえば、

思い出す事がある。

 

ある冬の日のこと。

行きつけの居酒屋で、彼が

おでんの大根をあてに、熱燗をを旨そうに飲んでいた。

なんか、大人な感じが、カッコ良い。

 

私は、アルコールといえば、ビール。

てか、ビールしか飲めない。

焼き肉にビール

お好み焼きにビール

焼き鳥にビール

ビール最高ー!!

だけど、なんか、カッコよくない。。

 

羨ましい。

 

出来れば、私も、

しっとりと大人の女性らしく、

カッコよく飲みたい!

 

そして決意する。

出来ればこの冬が終わるまでに

彼の隣でしっとりと熱燗を飲む❗️

 

彼とは長い付き合いだか、

結婚まで至らない。。

お互いバツイチで、

彼は2回目の結婚をする気はないらしい。

その気持ちは分かる!

でも、私は彼と結婚したかった!

心底惚れてしまったのだ。。

 

そもそも、専業主婦だった私は

アルコールとは、無縁の生活を送っていた。

バツイチになり、彼と出会ってから、ビール旨さ、飲み屋の楽しさを覚えてしまった。

彼は束縛しない人ではあるが、

付き合っていても、

いつも、なんだか寂しい日がある。

彼女と言うより、なんだか愛人のよう。

いつの間にかビールは私の必須になってしまった。

何年付き合っても、変わらぬ彼。

優しいけど、寂しい日々。

少しでも彼の中に入りたい

そんな気持ちが、

今回は熱燗に走ってしまった。

 

彼のいない日を狙って、居酒屋に足を運び

熱燗を注文する日々が続く。

幸い、この居酒屋は、日本酒が売りで、

各地の有名なものからマニアックなものまで、揃えていた。

店主も、ここぞとばかりに、日本酒のうんちくを伝えてくれる。

出来れば飲める以上に日本酒の旨さも分かりたい

うまい酒を見つけたい。

通うこと1ヶ月。

以外に早く私の体は対応し、

とうとう出会った!

新潟の【峰の白梅】

お手頃な価格なのに、飲みやすく旨い!

そして運命の日(笑)

彼がいつも通りに【なに飲む?】と聞いた。【んー、今日は特別冷えるから熱燗飲もうかな。いつもの峰の白梅で】

ついにこの日が来た。

彼の驚いた顔は予想通りである。

【やった】心の中でニヤけた。

そして、私は、やはり、大根ではなく、

おでんのたまごを頼んだ。

あつあつのたまごが来た。

熱燗をひと口、、いや、その前に、たまごをお箸で、割ろうとしたその瞬間、

 

たまごが爆発💥

 

すごい音が、響いた!

一瞬の出来事で何が何だかわからない。

気がつけばお皿にたまごは無く、

目の前は、木っ端微塵になった、たまごたち。。

おまけに大人っぽく決めた私の髪、顔、服にまで、

飛び散った たまごたち。。

顔が熱い。。

しっとりどころか。。

なんで??

他のお客さんまでが、大爆笑!

いや、それはないやろ。。

でもそのとき思った

箸で割ってて良かった。。

このまま、たまごを、口にいれてたらどうなってたのか、想像するだけでおぞましい。

店主は、慌てておしぼりをもって、謝りまくってる。

【大丈夫です。ほんとに大丈夫ですから】

と、言ってはみるものの、

たまごだらけの私。

予想外の展開。。

こんなはずでは、、なかった。。

 

それ以来おでんのたまごが怖い。

しかし、その2年後

私たちは15年目にして結婚した。

おでんのたまごを見るたびにあの日を思い出す。

皆さん、

おでんのたまごには気をつけてください。

 

 

 

 

 

 

 

ムカつく奴

人生ほどほどに生きていているが、

こんなに、嫌な人間に出会ったのは

初めてだ❗️

ムカつく、とてもムカつく!!

なので、ブログを再開した(笑)

とりあえず大人の私は、解決の為、

あーだこーだと、試みたが、無理だった。

あまりにもバカ過ぎて、何も通じない‼️

ムカつく!とにかくムカつく!

根性も悪いが顔も悪い、

おまけにデブで、体もデカイ奴❗️

まるで、女子プロレスラーのような奴だ❗️

女子プロレスラーさんごめんなさい。。

とにかくムカつくので、許して。。

 

今は、とにかく、冷静ではない。

あームカつく😒💢💢

 

 

人生の1ページ

幼少期から
複雑な家庭環境で育った。
昔の家庭では、
そんなに珍しくはないのかな?

父の暴力は半端じゃなかった。

でも、
母は強いひとだった。
一言でいえば、『昭和の女』

泣く時さえ、声を出さず、
台所で野菜を切る包丁の音の影で肩を震わせて泣いてた。
そんな母だった。

私は
料理している母が、
とても好きだった。
いつも、ちょこんと、
隣で見てた。

私の指定席。
幸せな時間だった。

だけど、
あの日の
肩を震わせている後ろ姿を
今も覚えている。

母は父を愛してたのだろうか。。



大人になって色々と考えさせられる。

今はもう、
母も父もこの世にいない。
そして私もいい歳になった。

何が正しくて何が間違いなのか答えは分からない。

ただ、出来ることなら、、
私の指定席で
優しさに包まれたい。

お母さん。。

私だけなのか

『嫌い』って言うたら
『好きやで』と言うて。


『別れる』って、言うても
『別れへんよ』と言うて。

『帰って』って言うても
ほんまに帰らんといて。


怒ったら、抱きしめて。
泣いたら、抱きしめて。

そうしてくれたら、
わがまま言わへん。。

そうしてくれたら
いつも、笑っとく。。



そんなん、できる男、
おるんやろか。。


ほんまに、
あいしてるのに。。

が、しかし

心のバランスがとれない。

理由は、
思い通りにならない事が
「我慢すること 」
と、なってしまうからです。

簡単に言うと
わがままなんです。


が、しかし、


理屈はわかっているのですが。
本心は違うようです。

幸せになれない
と言いながら
しあわせになれない
行動をとる。
それが、私です。

あー

心のバランスをとるために、
おかしなことをする

意味不明

そして平常心を取り戻す。

おかしい、絶対おかしい

でも、

この方法を選んだのは
今の環境を崩さないためです。

誰のためなんでしょう?
正直、
分かりません。

ただの逃げ、、、
かもしれません。

向き合うことが怖いのかもしれません。

で、分からないまま、
分かろうとしないまま、

音も出さずに、崩れていってるのかもしれません。

そして今日も、
逃げています。

今日もまた

いつものことだが、
旦那が帰ってこない。

悔しいわけでも悲しい訳でもないが、懲りもせず電話をかけてみた。
出ない。
これもいつものことだ。

せっかくの休みなので

お気に入りのビデオを見ながら赤ワインを飲む。
これもいつものことだ。

ふと、また、思う。

私が好きになるひとは
いつも、普通の人ではない。
普通?
世間の普通で。。
なので、普通の人生が送れない。

私もきっと普通の人ではないのだろうと、諦めている。

なので、自分らしく
なので、わがままに
生きようと思う。